Debian JP Project

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 www.debian.or.jp 検索

« Debian勉強会出張版@オープンソースカンファレンス2010 Hokkaido | 一覧 | 開発ニュース寄せ集め (第 20 号) »

2010年06月18日

開発ニュース寄せ集め (第 19 号)

このニュースは http://wiki.debian.org/DeveloperNews でまとめたものです。 寄稿はご自由にどうぞ。

GPG キーサイン coordination は wiki.debian.org に移動しました

GPG キーサイン coordination page は、旧来の PHP で稼働するシステムから Debian wiki に移動し、より簡単に編集できるようになりました。

  • http://wiki.debian.org/Keysigning
  • http://wiki.debian.org/Keysigning/Offers
  • http://wiki.debian.org/Keysigning/Need

    -- Christoph Berg

Debian OpenSSH の VCS の変更と支援の要請

Debian にとって重要な OpenSSH パッケージのメンテナンスを支援したいと考 え、最終的に、よりよい VCS でパッケージの履歴を管理することにし、実際 に使えるようになりました。詳しくは、 http://lists.debian.org/debian-ssh/2010/01/msg00017.html と http://wiki.debian.org/Teams/DebianSsh を見てください。Debian 開発者で 支援に興味のある人は、私まで連絡してください。

-- Colin Watson

LXDE のカスタマイズがより簡単になりました。

sid にある LXDE の構成要素の幾つかは、最近になって更新もしくは変更され ました。

この更新/変更によって、lxsession ではカスタムセッション名がサポートさ れました。また、lxpanel は XDGCURRENTDESKTOP を読めるようになり、 LXDE の代わりに他のデスクトップ環境のアプリケーションメニューも表示で きるようになりました。これによって、Debian Pure Blends を用いたカスタ マイズされた LXDE 作成がより容易に行なえます。

lxnm と lxpanel-netstat-plugin はともに廃止予定です。lxnm は wicd への 移行が推奨されており、live-helper などの他の Debian のユーティリティ では既にそのように変更されています。

-- Andrew Lee (李健秋)

WNPP BTS レポートがカテゴリ分けされました

ユーザタグとユーザカテゴリを活用して、WNPP BTS レポートの見え方が新しくなりました。 これによって、他より多くのバグをもっている (疑似) パッケージの BTS ページでナビゲーション がしやすくなります。Sandro Tosi さんが、カテゴリをあてはめるための適切な制御メッセージを 思いついてくれたおかげです。

バグの並び替えに使っているユーザタグはレポートの表題を元にしています。 WNPP のサイトでフォーマットが説明されています。

-- Raphael Geissert

ソースフォーマット "3.0 (quilt)" の更新

dpkg 1.15.5.4 以降の dpkg-source は、quilt が使用する .pc ディレクトリを (quilt を使わない場合でも) 作成します。また、パッチが適用されているかいないかを 把握するために .pc/applied-patches も使います。このように quilt とは 100% 互換ですので --without-quilt オプションはなくなります。

同じバージョンで、新しいオプション --single-debian-patch が作られました。 VCS を使っている人は dpkg-source を使って、(debian-changes-<バージョン> の 代わりに) debian-changes という単一のパッチを作成して自動更新できます。 これはフォーマット 1.0 における .diff.gz にやや似ていますが、その他の機能 (bzip2 圧縮や、複数の tar 玉など) の利点があります。 debian/source/patch-header にこの自動パッチのヘッダをセットすることができますので、 そこで変更内容を確認しやすい場所 (大抵の場合は VCS のどこか) を説明することができます。

パッケージの転換は、安定したペースで行われています: http://upsilon.cc/~zack/stuff/dpkg-v3/

自分のパッケージを転換する方法については、http://wiki.debian.org/Projects/DebSrc3.0 で基本的な情報を確認してください。

-- Raphael Hertzog

この記事について

この記事は debian-devel-announce に流れたニュースの翻訳です。 翻訳は石井一夫さん・今井伸広さん・佐々木洋平さん・倉敷悟が行いました。 ありがとうございます。

2010/06/18 21:17 リンク


過去のニュース