Debian JP Project

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 www.debian.or.jp 検索

リリース情報

Debian には主として、Debian が公式にリリースするディストリビューションである安定版 (stable)、テスト版 (testing)、不安定版 (unstable) の3つのリリースがあります。これらは次のように用途・更新頻度・サポート体制が異なります。通常の用途では、安定版である Debian GNU/Linux 8 (コードネーム「jessie」) を使うことをお勧めします。

安定版 (stable)
wheezybanner 現在の安定版は、 Debian GNU/Linux 8.6(コードネーム「jessie」) です。
安定版は、厳密な品質検査を経た、バグの少ない安定した環境を提供します。その代わり、セキュリティアップデートや致命的な不具合の修正を中心にした更新が中心で、機能追加などは若干の例外を除いて行われません。最もお勧めするリリースバージョンです。
こちらから導入用メディアを入手してください。セキュリティアップデートなどをまとめた形で、定期的に更新(ポイントリリース)が行われることがあります。最新の更新は 2016年 9 月 17 日 です。
テスト版 (testing)
Wheezy Joy テーマ 現在のテスト版は、 Debian GNU/Linux 9 (コードネーム「stretch」) です。現在、リリースに向けて作業が進められています。
テスト版は、次期リリースの候補となるリリースバージョンで、不安定版から一定の品質基準を満たしたものがこの中に収録されます。部分的なセキュリティアップデートが行われます。安定版よりも新しいバージョンのソフトウェアを利用でき、比較的安定した運用も期待できますが、更新によっては一部の機能が動作しなくなったり設定を改変しなければならなかったりすることがあることには注意してください。
不安定版 (unstable)
不安定版 (コードネーム「sid」)は、バージョンはなく、常に開発中であり、パッケージ開発者による最新のパッケージが提供されています。不安定版は公式にリリースされることはありません。セキュリティアップデートはありません。
Debian の活発な開発状況が最も反映されている変化が激しいバージョンであり、最先端を感じられるものの、パッケージのミスなどでシステムが破壊されて修正を余儀なくされることもあります。利用に際しては、あなた自身での情報収集・問題解決・開発への参加 (バグ報告など) が要求されます。

詳細については、「Debian のリリース」を参照してください。その他のリリースについてはこちらを参照ください。