Debian JP Project

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 www.debian.or.jp 検索

2007年12月26日

開発ニュース寄せ集め (第 2 号)

このニュースは http://wiki.debian.org/DeveloperNews でまとめたものです。 寄稿はご自由にどうぞ。

非公式アーキテクチャのための新アーカイブ

非公式アーキテクチャのアーカイブのホスティング用に、 新しいホストがセットアップされました。このホストは、gnuab.org に代わって、現在、armel、 hurd-i386 (リリースされていないもののみ)、kfreebsd-i386 と kfreebsd-amd64 のアーキテクチャのホストになっています。

開発者は、自分の担当するパッケージのビルドログを見て、 その状況をチェックすることができます。

PTS の Web インタフェース

PTS の Web インタフェースにいくつか変更がありました。

  • PTS ページに「Latest news (最新ニュース)」部分の RSS フィードが付け加えられました (zack さんによる変更)。
  • パッケージごとの svn-buildstat 情報へのリンクが付け加えられました (luk さんと kibi さんによる変更)。
  • 新しい情報の表現がいくつか付け加えられました。それらは、DM-Upload-Allowed フィールド、メンテナが Wiki の LowThresholdNmu ページに名前を連ねているかどうか、 Homepage フィールドです (zack さんによる変更)。
deb ファイルでの他の圧縮アルゴリズム

dpkg-dev および dpkg パッケージには、バイナリパッケージを gzip 以外のもの (例えば bzip2 など) を使って圧縮する機能がバージョン 1.11 以来ずっと存在しています。

dpkg-deb の "-Z" スイッチを使うことでその機能を使うことが出来ます。 または、debian/rules 内から "dh_builddeb -- -Z bzip2" を使います。

残念なことに、lintianlinda の双方とも、この機能を使うべきではないという誤った警告を出します。

高機能なパッケージ検索のプロトタイプが experimental に

Enrico Zini さんが、システム全体にわたるパッケージの Xapian ベースのインデックスを生成するインデクサのプロトタイプ、apt-xapian-index を作成しました。

このインデックスを使うと、パッケージの説明やタグが非常に高速に検索できます。 また、インデックスに特別な情報を付加するのに、 任意のパッケージをプラグインとしてインストールできます。

さらに、インデックスの使い方を書いた、詳しいチュートリアルも利用できます。

apt-xapian-index (現在は experimental にあります) は、 特にインデックスの構造やプラグインのインタフェースに関する技術的なフィードバックが得られ次第、 不安定版 (unstable) にアップロードされる予定です (訳注: すでに不安定版 (unstable) にアップロードされ、experimental からは削除されています)。

changelog エントリには変更を記述すること

(debian-devel-changes@l.d.o に流れる) changelog を読んでいると、 どのように修正したのかを明示せずに修正した問題を書いたようなお粗末な changelog エントリがやたらと目につきます。changelog では、その変更に至った経緯はもちろん重要ですが、変更内容の説明も重要です。 いくつかの例ではっきりすればいいのですが:

悪い例:

* lintian のエラーを修正

良い例:

* (lintian が検出した) description 中のスペルミス (maintainance → maintenance) を修正

悪い例:

* 新しい dpkg-shlibdeps 用にパッケージビルド方法を修正

良い例:

* LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib/mypackage を dpkg-shlibdeps に渡して、プライベート
  ライブラリが適切に検出されるようにした

changelog エントリを書くときは、わざわざ両方のバージョンの debdiff を読まなくても、それなりにきちんと変更内容がわかるようにしなくてはならない、 ということを頭に置いてください。

この記事について

この記事は debian-devel-announce に流れたニュースの翻訳です。 翻訳は荒木淳さん・石井一夫さん・今井伸広さん・倉敷悟さん・中尾隆さん・小林儀匡が行いました。 また、倉敷悟さん・武井伸光さん・やまねひできさんから多数のコメントをいただきました。 ありがとうございます。

2007/12/26 21:02 リンク

開発ニュース寄せ集め (第 1 号)

こんにちは。

このメールは、Wiki ページ http://wiki.debian.org/DeveloperNews から単純にカット・アンド・ペーストしたものです。 この Wiki ページでは、すべての Debian 開発者 (DD) が知っておくべきである一方で、 通知のために debian-devel-announce (d-d-a) にわざわざメールを 1 通投稿するほどのことではないような、 開発関連の小さなニュースをまとめようと試みています。 ページの編集や次号に載せるニュースの追加は御自由にどうぞ (発行は不定期になるでしょう。 十分な内容が (つまりニュースが 5 つほど) 揃ったときに、メールが投稿されます)。 第 1 号については、主に dpkg 関連のニュースを扱っています。 将来的には、他のチームも何かの情報を共有するのにこの場を使うとよいでしょう。

debian/control の Homepage フィールド

かなり長い間、パッケージ説明の中に上流プロジェクトの URL を記述することになっていました。現在では control ファイルの source 節にある新しい Homepage フィールドに記述する方法が推奨されています。Homepage フィールドは、 ソースパッケージやバイナリパッケージに伝播します (その結果 Sources.gz と Packages.gz ができます)。control ファイルにある対応した binary 節に 2 つ目の Homepage フィールドを記述することで、特定のバイナリパッケージの Homepage フィールドを上書きできます。

これは dpkg 1.14.6 で実装されました。

debian/control の Vcs-* フィールド

パッケージをバージョン管理システム (VCS) で管理している場合は Vcs-* フィールドにそのリポジトリの場所を指定してください。 リポジトリの内容をウェブ上で閲覧できるようにしている場合は Vcs-Browser フィールドにその URL を指定します。

dpkg が公式にサポートしているフィールドは以下の通りです。

  • Vcs-Arch (arch and baz)
  • Vcs-Bzr (bazaar)
  • Vcs-Cvs
  • Vcs-Darcs
  • Vcs-Git
  • Vcs-Hg (Mercurial)
  • Vcs-Mtn (Monotone)
  • Vcs-Svn (Subversion)

いくつか例を示します。

Vcs-Browser: http://ikiwiki.info/cgi-bin/viewvc.cgi/trunk/?root=ikiwiki
Vcs-Svn: svn://svn.kitenet.net/ikiwiki/trunk

これは dpkg 1.14.6 で実装されました。

dpkg-buildpackage がデフォルトで fakeroot を使うように

もう '-rfakeroot' オプションを付ける必要はありません。root 権限で実行しておらず、fakeroot が利用できる場合には、自動的に fakeroot が使われるようになりました。

これは、dpkg 1.14.7 で実装されました。

dpkg-buildpackage が並列ビルドをサポート

パッケージのビルドシステムが make に基づいている場合は、新しいオプション '-j' を使って、並列ビルドを有効化できます。 それ以外の場合、パッケージが並列ビルドをきちんとサポートする必要があります。

これは dpkg 1.14.7 で実装されました。

dpkg-shlibdeps が、シンボルに基く依存性をサポート

ライブラリパッケージ用に新たに導入された symbols 制御ファイルを生成するのに、 dpkg-gensymbols が使えます (生成されたこの制御ファイルは、dpkg-shlibdeps によって、これまでよりも正確な依存関係を作るのに使用されます)。 さらに詳しくは、後ほど説明します。現在、 ガイドラインに分かりやすい使用法を追記してくれるアーリーアダプターを募集中です。 さらに詳しい情報は、 http://lists.debian.org/debian-devel/2007/11/msg00611.html をご参照ください。

これは、dpkg 1.14.8で実装されました。

この記事について

この記事は debian-devel-announce に流れたニュースの翻訳です。 翻訳は荒木淳さん・石井一夫さん・今井伸広さん・倉敷悟さん・中尾隆さん・小林儀匡が行いました。 また、倉敷悟さん・武井伸光さん・やまねひできさんから多数のコメントをいただきました。 ありがとうございます。

2007/12/26 21:02 リンク

2007年12月07日

第9回 関西 Debian 勉強会のお知らせ

12月の「第9回 関西 Debian 勉強会」 のお知らせです。関西 Debian 勉強会は、関西方面の Debian ユーザ/ユーザ予備群/開発者らで Debian GNU/Linux のさまざまなトピックについて Face to Face で楽しく話し合っていく集まりです。

参加者には一般ユーザをはじめ、開発の最前線に立つ Debian の公式開発者や開発者予備軍の方もおりますので、 普段は聞けないような Debian に関する様々な情報を得るチャンスです。
興味を持たれた方はぜひ御参加ください (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
内容
  1. Intro (関西 Debian 勉強会についての説明) 山下 尊也 氏
    この勉強会の目的などを説明し、その後、大阪南港ATCで行われた第8回関西 Debian勉強会@関西オープンフォーラムの内容について話をします。
  2. 関西オープンフォーラム参加報告 川江 浩 氏
    40歳代の「おっちゃん」が、KOF(関西オープンフォーラム) に参加し て思った事。オープンソースに関わって来た経緯を、最新のアニメ、Xen、 IPv6、人生観を交えながら報告します。
  3. 2007年の関西Debian勉強会を振り返る 山下 尊也 氏
    今年から始まった関西 Debian 勉強会も、今回で9回目となりました。この 1年間の思い出と、この勉強会はどのように行われているのかを、説明したいと 思います。
  4. WirelessSync 山下 尊也 氏
    時代は、Wireless!!あの機器もDebian で Sync が出来る。 今が、旬の情報を伝授します。
参加方法と注意事項
京都.cotocotoを参照して、 事前登録をしてください (17:30 からの懇親会に参加する場合は、コメントに「懇親会参加希望」と記入してください)。

この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会 担当:山下尊也 (takaya@{debian.or.jp} ) までお願いいたします。

2007/12/07 15:00 リンク

第35回 Debian 勉強会のお知らせ

今月も Debian 勉強会が開かれます! Debian 勉強会とは、Face to Face で Debian GNU/Linux のさまざまなトピック(新しいパッケージ、Debian 特有の機 能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc)について話し合うイベ ントです。

参加される方は主に東京を中心に関東近郊の国籍・性別不問の Debian ユーザで す (Debian をまだ使ったことが無いが興味があるので…とか、かなり遠い所か ら来てくださる方もいます)。開発の最前線にいるDebian の公式開発者や開発者 予備軍の方も居ますので、普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。 お時間が合えば是非御参加下さい (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
  • 日時:2007年12月15日(土) 18:00-21:00
  • 会場:あんさんぶる荻窪 (JR荻窪駅すぐ近く)
  • 費用:資料代・会場費として 500 円を予定
内容
  1. Debian勉強会資料はいかにつくられているか(担当:上川純一)
    Debian 勉強会では毎回紙媒体での資料とプロジェクタ映写用の資料を 準備しています。その作成には latex を利用していますが、その活用 方法をご紹介します。
  2. 2007年度をふりかえる(担当:上川純一)
    2007年の勉強会について把握している情報から、Debian勉強会の2007年をふりかえります。
  3. 2008年度計画ワークショップ(担当:上川 純一)
    2008年度実施内容を全員で企画します。
参加方法と注意事項
参加希望者は事前登録の上、事前課題の回答を勉強会用メーリングリストに送付してください。 期限は 12 月 13 日中です。
事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい。

この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

2007/12/07 08:20 リンク

2007年11月09日

第 8 回 関西 Debian 勉強会 in 関西オープンソース2007

直前の案内となりますが、ご容赦ください。11/10 に関西オープンソース 2007 にお邪魔して、関西 Debian 勉強会を開催します。セミナーやブースでの展示と説明などしておりますので、 お時間がある方はぜひお越しください。

開催日時・会場
  • 日時:2007年11月10日(土) (ブースは10:00-17:00を予定)
    セミナーは 14:00-14:50、ミニセミナーは 15:35-15:50
  • 会場:大阪南港ATC (行き方はこちら)
    (大阪市交通局 ニュートラム 南港ポートタウン線 トレードセンター前駅より徒歩5分)
  • 主催:関西オープンフォーラム
  • 費用:セミナーは無料。その他有志による物品の販売を予定
セミナー (会場:9F-G4 14:00-14:50)
  1. 「関西 Debian 勉強会とは」(担当 山下 尊也)
    毎月1度行われている関西 Debian 勉強会の目的や、KOFでのブース内容について関西 Debian 勉強会担当者からお話しします。
  2. 「Debian 初心者講座 GUIから見る apt」(担当 のがたじゅん)
    パッケージ管理を知ればDebianが見えてくる ということで、etch から Debian を使い始めた人にはお馴染みの GUI パッケージ管理ツール「Synaptic」 の基本と、知っていればパッケージ管理で少し得をするかもしれない事などをお話しします。
  3. 「Debian 初心者講座 CUI から見る apt」(担当 山下 尊也)
    GUIも充実してきましたが、やはり細かい事をしようとすると、GUIで提供されていない機能もあります。
    aptのちょっと気になる事から、初心者からのよく聞かれる質問について、時間が許す限り説明します。
    これで、あなたも今日から apt マスター!!
ミニセミナー 「Debian Live 3分クッキング」 (展示会場内特設ステージ 15:35-15:50)
最短10分少々で Live CD が完成?? ー Debian で簡単・手軽に Live CD/DVD を作る「Debian Live」をご紹介します。
これを見れば貴方も自分の Debian Live システムが作れる…かも。
ブース展示・配布物
  1. 有志作成 Debian グッズ(Tシャツ・ステッカー)
  2. Debian 同人誌「あんどきゅめんてっどでびあん」
  3. フライヤー・インストールDVD
  4. Debian 稼働マシン

この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会主催者:山下尊也 (takaya@{debian.or.jp} ) までお願いいたします。

2007/11/09 12:12 リンク

2007年11月07日

第34回 Debian 勉強会のお知らせ

今月も Debian 勉強会が開かれます! Debian 勉強会とは、Face to Face で Debian GNU/Linux のさまざまなトピック(新しいパッケージ、Debian 特有の機 能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc)について話し合うイベ ントです。

参加される方は主に東京を中心に関東近郊の国籍・性別不問の Debian ユーザで す (Debian をまだ使ったことが無いが興味があるので…とか、かなり遠い所か ら来てくださる方もいます)。開発の最前線にいるDebian の公式開発者や開発者 予備軍の方も居ますので、普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。 お時間が合えば是非御参加下さい (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
  • 日時:2007年11月17日(土) 18:00-21:00
  • 会場:あんさんぶる荻窪 (JR荻窪駅すぐ近く)
  • 費用:資料代・会場費として 500 円を予定
内容
  1. Debian での Bluetooth 活用方法紹介(担当:野首 貴嗣)
    最近気づいたら普及してしまっている Bluetooth、もはや使い方が分 からないなんていってられません。Debian GNU/Linux で Bluetooth を活用する方法をご紹介します。
  2. live-helper ネタ(担当:岩松 信洋)
    Debian GNU/Linux の Live CD をつくるための仕組み、live-helper, 実は使い方を知っていれば簡単に使えます。live-helper の使い方を紹 介します。
  3. イベント報告(担当:やまねひでき、上川 純一)
    OSC Tokyo/Fall の報告として、会場で ML350 に Debian をインストー ルしてみたのでそれにかこつけてお話します。また、関西で開催され た Kansai Open Forum の報告をします。
  4. Tomoyo Linux Debian Package(担当:やまねひでき)
    Tomoyo Linux の Debian Package を最近作成してみたので、その体験 について紹介します。
参加方法と注意事項
参加希望者は事前登録の上、事前課題の回答を勉強会用メーリングリストに送付してください。 期限は 11 月 15 日中です。
事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい。

この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

2007/11/07 22:09 リンク

2007年10月24日

国内プライマリミラー ftp.jp.debian.org の CDN 化と諸注意について

Debian Project と Debian JP Project は、本日、Debian の日本のプライマリ ミラーサイトである ftp.jp.debian.org を CDN ミラーに移行いたしました。

CDN ミラーは複数の (比較的高速な接続を持つ) Debian ミラーサーバを 用いた DNS ラウンドロビン (+ サーバによる重み付け) によって構成され、 特定ミラーサーバの障害影響を回避できます。また、単なる DNS ラウンド ロビンとは異なり、対象となっているサーバが障害で停止していたりミラーが 正常に更新されていなかったりした場合は自動切り離しを実施し、利用者から は特に何も意識することなく、最新のミラーを利用できます (参考)。

本移行による影響は、通常のユーザにとっては軽微で、特に変更を加える 必要はありません。

影響を受けない/または移行によって CDN の恩恵を得られるケース
  • /etc/apt/sources.list で http://ftp.jp.debian.org/debian または http://cdn.debian.or.jp/debian を指定している場合
  • ring プロジェクトなどの、ftp.jp.debian.org や cdn.debian.or.jp 以外のホストを指定している場合 (※CDN ミラーへの移行をお勧めします)。
影響を受けるケース (FTP および rsync)
  • ftp://ftp.jp.debian.org/debian を指定している場合
    → CDN ミラーのいくつかは FTP サービスを提供していますが、必須要件 としていないため、接続がうまくいかないことがあります。
    http に置き換えるか、「ftp://ftp1.debian.or.jp/debian」 または「ftp://ftp.nara.wide.ad.jp/debian」をご利用ください。
  • ftp.jp.debian.org から rsync を行っている場合
    → CDN ミラーのいくつかは rsync サービスを提供していますが、必須要件 としていないため、接続がうまくいかないことがあります。
    従来の WIDE Project 様のものを利用したいときには、 「ftp1.debian.or.jp::debian」または「ftp.nara.wide.ad.jp::debian」 を指定してください。
    Debian JP Project ではより高速なサーバホストの提案もして います。詳細については「CDN 対応ミラーの設定」を参照して ください。

謝辞

長年にわたりプライマリミラーとしての重責を一手に引き受け、今後とも FTP サーバおよび CDN ホストの 1 つとしてご活躍される WIDE Project 様 に感謝いたします。

私たちの CDN に参加している HANZUBON.jp 様、Top Studio 株式会社様、 株式会社fonfun 様、地球流体電脳倶楽部 様、OYU-NET.JP 様に感謝いた します。

2007/10/24 10:28 リンク

2007年09月30日

第7回 関西 Debian 勉強会のお知らせ

10月の「第7回 関西 Debian 勉強会」 のお知らせです。関西 Debian 勉強会は、関西方面の Debian ユーザ/ユーザ予備群/開発者らで Debian GNU/Linux のさまざまなトピックについて Face to Face で楽しく話し合っていく集まりです。

参加者には一般ユーザをはじめ、開発の最前線に立つ Debian の公式開発者や開発者予備軍の方もおりますので、 普段は聞けないような Debian に関する様々な情報を得るチャンスです。
興味を持たれた方はぜひ御参加ください (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
内容
  1. Intro (関西 Debian 勉強会についての説明) 山下 尊也 氏
    参加される方々へ、この勉強会の目的の説明をさせていただきます。
    前回、姫路獨協大学で行われた第 6 回関西 Debian 勉強会についてもその様子をお話しします。
  2. Debianの日本語入力入門 あわしろ いくや 氏
    Debian上での日本語入力を、Etchでの変更点を中心にお話しします。 難しい話は一切ない予定なので、気軽にお聞きください。 X上での日本語入力に限定しますので、あらかじめご了承ください。
  3. Debian で使えるSPAMフィルタ(CRM114) たなか としひさ氏
    Debian etch では、Spamassassin や POPFile、bsfilter等、 色々な SPAM フィルタを使う事が出来ますが、今回は、CRM114 と言う SPAM フィルタについてお話します。
    まだ詳細な統計は取れていないのですが、CRM114 の使いかた、CRM114 での日本語 SPAM の検出方法についてお話します。 サーバーサイドで動く SPAM フィルタをお探しの方にとって参考になればと思います。
参加方法と注意事項
京都.cotocotoを参照して、 10月5日までに事前登録をしてください (17:30 からの懇親会に参加する場合は、コメントに「宴会参加」と記入してください)。

この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会 担当:山下尊也 (takaya@{debian.or.jp} ) までお願いいたします。

2007/09/30 00:36 リンク

2007年09月14日

第33回 Debian 勉強会 in オープンソースカンファレンス 2007 Tokyo/fall のお知らせ

Debian 勉強会は、メールや web だけでは語り切れない Debian に関わる話題について浅いところから深いところまであらゆることを Face to Face で 情報交換するイベントです。

10月はオープンソースカンファレンス 2007 Tokyo/Fall に参加してセミナーやブースでの展示と説明などを予定しています。 普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。是非御参加下さい。

開催日時・会場
セミナー (12:30-13:20@会議室E)
  • GNU/Linuxはふちなし印刷の夢を見るか?(担当:武藤 健志)
    諸君、サーバ戦線を突破した我らの次なる目標はデスクトップである。
    難攻不落たるその城壁も、今やWebブラウザをはじめとする英雄たちによってほころびが見え始めてきた。
    しかし、諸君、私はそこにあるプリンタに、テキストを、イラストを、写真を今すぐに印刷したいのだ。
    ――本セッションでは、Debian Printing Teamの開発者が、CUPSを中心としたLinux印刷環境の概要および今後の技術動向を紹介する。
ミニセミナー (15:10-15:20@B会場)
  • Debian ミニQ&A (担当:やまねひでき)
    会場その他で集めた Debian に関するあれこれに回答したりしなかったり?
ブース展示物
  1. Debian 関連書籍
  2. 有志作成 Debian グッズ (Tシャツ・ステッカー)
  3. Debian 勉強会資料
  4. チラシ・CD(配布も予定)
  5. Debian 稼働マシン (NAS、サーバ等)
  6. Debian 掲示板
参加方法と注意事項
セミナー参加希望者は事前登録してください。
ブース展示・ミニセミナーについては特に登録などはありません。

この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

2007/09/14 23:53 リンク

2007年09月04日

第6回 関西 Debian 勉強会のお知らせ

9月の「第6回 関西 Debian 勉強会」 のお知らせです。関西 Debian 勉強会は、関西方面の Debian ユーザ/ユーザ予備群/開発者らで Debian GNU/Linux のさまざまなトピックについて Face to Face で楽しく話し合っていく集まりです。

参加者には一般ユーザをはじめ、開発の最前線に立つ Debian の公式開発者や開発者予備軍の方もおりますので、 普段は聞けないような Debian に関する様々な情報を得るチャンスです。
興味を持たれた方はぜひ御参加ください (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
  • 日時:2007年9月15日(日)(土) 13:15〜17:00 (13:00 より受付。18:00〜21:00 にて懇親会予定)
  • 会場:姫路独協大学 本部棟西館
    (会場へのアクセスについて、LILO Monthly Seminar の資料を参考にしてください)
  • 費用:無料 (姫路独協大学さんの好意により部屋代・印刷代など不要のため)
内容(順不同)
  1. Debian パッケージの作り方 -- ライブラリ編 大浦 真 氏
    Debian のライブラリのパッケージは他のパッケージとは異なり、 ライブラリの本体と開発用のファイルが別のパッケージになっています。 今回は、ライブラリを作る手助けをする libtool の説明も含めて、 ライブラリパッケージの作り方を紹介します。
  2. Debian で翻訳をはじめてみよう 倉敷 悟氏
    Debian で翻訳の対象となる領域、Debian 上で翻訳する時の環境、実際に作業を進める様子などをご紹介します。
    参加申込でご希望があれば、その部分の説明やデモを多めにしようかと考えてます。 ご紹介する内容は個人的な経験ベースなので、猛者のツッコミ歓迎です。
  3. DebTorrent に触ってみた 山下 尊也氏
    P2P である BitTorrent を使ったパッケージ取得システムである DebTorrent が、 公式パッケージに追加されたので DebTorrent を触った感想などについてお話したいと思います。
参加方法と注意事項
第6回 関西 Debian 勉強会ページの事前課題を確認の上京都.cotocotoを参照して、 9月12日までに事前登録をしてください (懇親会に参加する場合は、コメントに「宴会参加」と記入してください)。

この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会 担当:山下尊也 (takaya@{debian.or.jp} ) までお願いいたします。

2007/09/04 23:12 リンク

2007年08月10日

第5回 関西 Debian 勉強会のお知らせ

直前になりましたが「第5回 関西 Debian 勉強会」 のお知らせです。関西 Debian 勉強会は、定期的に顔をつき合わせて、 Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組み、Debian 界隈で起こった出来事、などなど) について楽しく話し合っていく集まりです。

参加者には一般ユーザをはじめ、開発の最前線に立つ Debian の公式開発者や開発者予備軍の方もおりますので、 普段は聞けないような Debian に関する様々な情報を得るチャンスです。
興味を持たれた方はぜひ御参加ください (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
  • 日時:2007年8月12日(日) 13:00-15:00 (受付は12:30以降、終了後に懇親会予定)
  • 会場:神戸研究学園都市 UNITY 大学共同利用施設
  • 費用:有志によるカンパと言う形にしたいと考えています。また、集まった費用で印刷代を引いて余った分は、次回の勉強会に回させて頂きます。 (懇親会は別途 BYOB(Bring Your Own Bottle) 形式です。勉強会終了後、みんなで近くのコンビニやスーパーでお酒やおつまみを買い出しに行きましょう)。
内容(順不同)
  1. Inkscapeを使ったOSC2007チラシ/DVDジャケットの制作 のがたじゅん氏
    Open Source Conference 2007 Kansai@Kyoto の関西Debian勉強会ブースで配布したチラシとDVDのジャケットの制作は、 ベクタードロー系グラフィックツールのInkscapeを使い、 すべてDebian上で制作しました。その舞台裏などをご紹介します。
  2. Patch基礎編 矢吹 幸治氏
    フリーソフトウェアおよびオープンソース(以下FLOSS)界隈で、 他人と共同作業をする際に、よく"patch"(ぱっち)という言葉を聞くと思います。
    FLOSS (Free/Libre and Open Source Software) の醍醐味のひとつに他人との共同作業があります。 このパッチの概念を知ってもらうことで、どの様にして FLOSS 界隈の人達がネットワーク越しに共同作業を可能にしているのか語ります。
    特に以下のような方にお勧めです。
    • GNU/Linuxを使っていて他人とプログラムや文書などの共同作業を行いたい人
    • 流通しているパッチを使って自分のシステム (Linuxカーネルなど) をカスタマイズしたい人

  3. Debian パッケージの作り方 -- dpatch 大浦 真 氏
    Debian パッケージを作る際には、配布元のソースパッケージに対して、 そのパッケージ自身のバグや Debian 固有の問題に対処するために patch をあてる必要があることがあります。 その patch が一つだけの場合はいいのですが、複数ある場合には管理が面倒になります。
    Debian の中には、この patch を管理するためのシステムがいくつかありますが、 今回はその中の一つ、dpatch の使い方を紹介します。
参加方法と注意事項
事前登録については 京都.cotocotoの 第5回 関西 Debian 勉強会ページを参照してください。

この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会 担当:山下尊也 (takaya@{debian.or.jp} ) までお願いいたします。

2007/08/10 01:04 リンク

2007年08月07日

第31回 Debian 勉強会のお知らせ

今月も Debian 勉強会が開かれます! Debian 勉強会とは、Face to Face で Debian GNU/Linux のさまざまなトピック(新しいパッケージ、Debian 特有の機 能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc)について話し合うイベ ントです。

参加される方は主に東京を中心に関東近郊の国籍・性別不問の Debian ユーザで す。(Debian をまだ使ったことが無いが興味があるので…とか、かなり遠い所か ら来てくださる方もいます)。開発の最前線にいるDebian の公式開発者や開発者 予備軍の方も居ますので、普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。 お時間が合えば是非御参加下さい (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
  • 日時:2007年8月18日(土) 18:00-21:00
  • 会場:あんさんぶる荻窪 (JR荻窪駅すぐ近く)
  • 費用:資料代・会場費として 500 円を予定
内容
  1. OSC-Kansai 報告(担当:山下 尊也)
    京都で開催された OSC-Kansai について報告します。
  2. CDN.debian.or.jp 紹介(担当:荒木 靖宏)
    Content Delivery Network の仕組みはご存知ですか? Debian JP Project では、Debianのミラーの負荷を複数のサーバに分散させる仕 組みを2007年2月から試験運用しています。どういう仕組みで作られて いるのか、どうやったらCDNを利用できるのか、どうやったらCDNに追 加できるのかなどを紹介します。
  3. ディスカッション(担当:上川 純一)
    事前課題でいただいた資料をベースに参加者でディスカッションします。
参加方法と注意事項
参加希望者は事前登録の上、事前課題の解答を勉強会用メーリングリストに送付してください。 期限は 8 月 16 日中です。
事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい

この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

2007/08/07 22:19 リンク

2007年07月31日

第 1 回 Debian JP Project Bug Squash Party のおしらせ

第 1 回 Debian JP Project Bug Squash Party(以下、BSP) を開催します。
BSP とはバグつぶしパーティのことです。 Debian の場合ですと、安定版 (stable) のリリース前や定期的に行われており、Release Critical Bug を減らしたり問題のあるパッケージを集中的に直します。 また、各々がメンテナンスしているパッケージのメンテナンスや抱えている問題を参加者で議論し、 解決する事も行います。

今回の BSP では、実験的にユーザからのバグ修正要望の受付も行う予定です。

前回行われた Debian JP Project による成果は http://wiki.debian.org/BSP/DebianJP、 他国による BSP に関しては、http://wiki.debian.org/BSP からリンクされている各国のBSPを参考にしてください。

開催内容
開催日時・会場
参加について
  • 参加費
    無料です。
  • 参加募集人数
    20 名まで。 (なお、定員に達した場合は Debian JP Project メンバー および過去の Debian 勉強会に参加されたなど、実績のある方を優先させていただきます)
  • IRC による参加も可能です。特に許可は必要ありません。
  • 見学や差し入れは申し訳ありませんがご遠慮願います。
  • 参加締切りは 2007/08/24 24:00 までとさせていただきます。
  • 参加希望者は担当:岩松 <iwamatsu@debian.or.jp> までご連絡ください。
内容
  1. 参加者による交流
  2. Debian Package のバグを修正
  3. Debian Package メンテナンス
  4. po-debconf 等の翻訳など
その他
  • BSP 用のパソコン、周辺機器等は各々で用意してください。
  • ネットワークは使用可能です。
  • 会場のビデオ録画とストリーミング中継を計画しております。ご協力をお願いします。
    (参加者の方で不都合がある方は対応いたします。ご連絡ください。)

何かありましたら、担当:岩松 <iwamatsu@debian.or.jp> にご連絡ください。
多数の参加をお待ちしております。

2007/07/31 08:02 リンク

2007年07月13日

第30回 Debian 勉強会のお知らせ

今月も Debian 勉強会が開かれます! Debian 勉強会とは、Face to Face で Debian GNU/Linux のさまざまなトピック(新しいパッケージ、Debian 特有の機 能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc)について話し合うイベ ントです。

参加される方は主に東京を中心に関東近郊の国籍・性別不問の Debian ユーザで す。(Debian をまだ使ったことが無いが興味があるので…とか、かなり遠い所か ら来てくださる方もいます)。開発の最前線にいるDebian の公式開発者や開発者 予備軍の方も居ますので、普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。 お時間が合えば是非御参加下さい♪ (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
  • 日時:2007年7月21日(土) 18:00-21:00
  • 会場:あんさんぶる荻窪 (JR荻窪駅すぐ近く)
  • 費用:資料代・会場費として 500 円を予定
内容
  1. Debconf7 報告会(担当:岩松 信洋)
    スコットランド・エジンバラで開催された世界中から Debian 開発者が集まるカンファレンス、 Debconf7 に 参加・発表をしてきた岩松さんと上川さんが現地の様子や Debconfの模様、発表の感想などを熱く語ります。
  2. Debian Conference 日本開催実現!についてディスカッション(担当:上川 純一)
    来年はアルゼンチンでDebconfが行われます。南米に負けてられないと 日本でDebconfを行う為にクリアしないといけない課題や進捗など 広くグループディスカッションします。
参加方法と注意事項
参加希望者は事前登録の上、事前課題の解答を勉強会用メーリングリストに送付してください。 期限は 7 月 19 日中です。
事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい

この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

2007/07/13 07:58 リンク

2007年07月10日

第4回 関西 Debian 勉強会 in オープンソースカンファレンス 2007 Kyoto

関西 Debian 勉強会はこれから定期的に顔をつき合わせて、Debian GNU/Linux のさまざまなトピック(新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組、Debian 界隈で起こった出来事、などなど)について話し合う会です。今月は オープンソースカンファレンス 2007 Kyoto にお邪魔して、 セミナーやブースでの展示と説明などを予定しています。

参加者には Debian ユーザのみならず、開発の最前線に立つ Debian の公式開発 者や開発者予備軍の方もおりますので、普段は聞けないようなさまざまな情報を 得るチャンスです。興味を持たれた方は気軽にご参加ください (また、勉強会で 話をしてみたい、協力したいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
  • 日時:2007年7月21日(土)
    セミナーは 13:00-13:45
    ミニセミナーは随時開催予定 (ブースは10:00-17:00を予定しています)
  • 会場:京都コンピュータ学院 京都駅前校 (JR京都駅八条口より徒歩7分)
  • 主催:オープンソースカンファレンス実行委員会
  • 共催:京都コンピュータ学院
    京都情報大学院大学
  • 費用:セミナーは無料。その他有志による物品の販売を予定
セミナー (教室E)
  1. 関西 Debian 勉強会とは
  2. Debian.org / Debian JP / 関西 Debian 勉強会の関係
  3. Debconf 7 ミニ報告 + Debconf 日本開催について。
(時間の関係上セミナー内容が変わる可能性があります)
ブース展示・配布物
  1. 有志作成 Debian グッズ(Tシャツ・ステッカー)
  2. チラシ・インストールDVD
  3. Debian 稼働マシン
  4. Debian 掲示板 − みなさまが抱えている Debian に対する意見などを書いてください
ミニセミナー (ブースにて開催)
  1. Debian 質問所 − セミナー内容や日頃の Debian に関するあれこれに回答します
  2. Say goodbye to Microsoft. Now.
  3. その他未定
参加方法と注意事項
セミナー参加希望者は http://www.ospn.jp/osc2007-kansai/ から事前登録を行って下さい。 ブース展示・ミニセミナーその他については特に登録などはありません。

この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会主催者:矢吹幸治 (yabuki@{debian.or.jp,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

2007/07/10 13:53 リンク

2007年07月01日

FSIJ の月例会での Debconf2007 報告会のお知らせ

Debian Conference は世界中の Debian Developer を集めて年に一度開催さ れているもので、今年は6月17-23日にスコットランドで開催されました。 7月11日に開催の SEA & FSIJ 合同フォーラムにて報告しました。

国際化・品質管理や組込みなど日本から参加したメンバーの興味のある領域を 中心として、今回の会期でどういう議題が討論され、どういう成果が出たのか を報告しました。

詳細は FSIJ のサイトをご覧ください。

開催日時・会場
  • 日時:2007年7月11日(水)18:30-20:30
  • 会場:産総研秋葉原サイト 11F 会議室
  • 定員:30 名
  • 参加費:なし
  • 話者:岩松 信洋、上川 純一
  • 発表資料
    プレゼンテーション(PDF 1MB)

    2007/07/01 19:20 リンク

    2007年05月25日

    日経 Linux 2007 年 6 月号「Debian 新入門」

    日経 Linux 2007 年 6 月号にて、 「Debian 新入門」として、Debian JP Project メンバーの 武藤健志・やまだあきらの両氏による記事が掲載されています。

    記事内容は、リリースされたばかりの Debian GNU/Linux 4.0 (Etch) の GUIインストーラを利用した導入とその後のソフトのインストールの説明から始まって、 どこでも読めるメールサーバ (IMAP4 サーバ) の構築など利用方法を紹介していく、 というものです。是非書店などでお手に取ってご覧ください (日経 BP 社 ITPro のサイトにて、 web からも購入可能です)。

    なお、残念ながら 付属 DVD に収録されているのはインストール用 CD イメージであり、 DVD からは直接起動しないのでそのままではインストールは実行できません。 イメージを一旦 CD-R に書き込みをする必要があります。詳しくは 日経 Linux の補足情報ページ などをご覧ください。

    また、日経関連では ITPro のサイトで独自に編集された 「インストール完全ガイド Debian GNU/Linux 4.0」 というページが公開されています。 インストールの流れや雰囲気がどのようなものかをザッと知りたいという人は一度ご覧ください。

    2007/05/25 00:02 リンク

    2007年05月21日

    第3回 関西 Debian 勉強会のお知らせ

    第3回 関西 Debian 勉強会」が 6 月に開かれることになりました。関西 Debian 勉強会は、定期的に顔をつき合わせて、 Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組み、Debian 界隈で起こった出来事、などなど) について楽しく話し合っていく集まりです。

    参加者には一般ユーザをはじめ、開発の最前線に立つ Debian の公式開発者や開発者予備軍の方もおりますので、 普段は聞けないような Debian に関する様々な情報を得るチャンスです。
    興味を持たれた方はぜひ御参加ください (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

    開催日時・会場
    • 日時:2007年6月2日(土) 13:00-17:00 (受付は12:30以降、終了後に懇親会も別途予定)
    • 会場:大阪電気通信大学 (四條畷) 11-403号室
    • 費用:無償 (懇親会は別途費用、学生は約1000円引きの学割を適用予定)。
    内容
    1. Debian 風の iptables な話題 久保 博 氏
      etch にも sarge にも入っている lokkit と shorewall の紹介。
      パケットフィルタリングの方法について実際の利用例を紹介します。
    2. Debian パッケージの作り方 -- debian/rules を読む --大浦 真 氏
      Debian のソースパッケージには、debian/ というディレクトリがあり、 その中に色々なファイルが入っています。今回はその中心となる debian/rules を読んでいきます。
    3. みんなで読む Debian 社会契約 中本 崇志 氏
      これを読まずしてオープンソース、Debianを語ることなかれ。
      みんなで楽しく「Debian社会契約」を読みましょう。
      予習不要、復習必須!
    4. 事前課題発表 山下 尊也 氏
      みなさんから提出頂いた事前課題についてスライドで紹介。
      後、テーマの適用などの話などを少しお話します。
    5. Debian へのバグレポートについて --バグ報告はコミュニケーションだ-- 矢吹 幸治 氏
      Debian GNU/Linux は、だれでも開発に参加することができるディストリビューションです。
      その一端を担っている「バグ報告」ー本セッションでは、バグ報告のツールの使い方、 問題の切り分け方のガイドライン、BTS (Bug Tracking System) がどのように使われているかの例を示します。
    参加方法と注意事項
    参加希望者は事前登録の上、事前のまとめを作るための情報を送付してください。期限は 5 月 30 日 (水) 23:59 までです。
    事前登録、及び事前送付情報の内容と送付先については 第3回 関西 Debian 勉強会 のページを参照してください。

    この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会主催者:矢吹幸治 (yabuki@{debian.or.jp,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

    2007/05/21 23:56 リンク

    LinuxWorld Expo/Tokyo2007「オープン・アップ・OSS!」

    2007年5月30日〜6月1日に東京ビッグサイトにて開催される LinuxWorld Expo/Tokyo2007 内の1コーナー 「オープン・アップ・OSS!」 にて、各ディストリビュータ代表者を集めたトークイベント 「Distribution/Community が語るLinux Desktop の未来」 が開かれます。このパネラーの一人に Debian JP Project を代表して、会長の上川純一氏が参加します。 お時間のある方はぜひご参加ください。

    開催日時・会場
  • 日時:2007年5月30日(水)13:00-14:00
  • 会場:東京ビッグサイト西4ホール LinuxWorldExpo2007会場内 「オープン・アップ・OSS!」コーナー
  • 席数:20席ほど
  • 内容
    「意外と知られていない、Linuxデスクトップの魅力・実力」を各ディストリビューションに精通した各氏が、 素朴な疑問に対する回答から技術的な方向性までを語ります。

    2007/05/21 14:02 リンク

    2007年05月09日

    第28回 Debian 勉強会のお知らせ

    今月も Debian 勉強会が開かれます。 Debian 勉強会とは、勉強会とは銘打っていますが特に堅苦しいことはなく、 Face to Face で Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc) について話し合うイベントです。

    今回は Debian GNU/Linux 4.0 (Etch) のリリースを記念して、 Etch をネタに盛り上がりたいと思います。

    参加するのは東京を中心に関東近郊の Debian ユーザ です (Debian をまだ使ったことが 無いが興味があるので…という方もいます)。 開発の最前線にいる Debian の公式開発者や開発者予備軍の方も居ますので、 普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。
    興味を持たれた方は是非御参加下さい(また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

    開催日時・会場
    • 日時:2007年5月19日(土) 18:00-21:00
    • 会場:あんさんぶる荻窪 (JR荻窪駅すぐ近く)
    • 費用:資料代・会場費として 500 円を予定
    内容
    1. Debconf7 (リハーサルバージョン)(担当:岩松 信洋&上川 純一)
      エジンバラで開催される世界中から Debian 開発者が集まるカンファレンス、 Debconf7 で発表する予定の「エッチをスーパーエッチで動かす」ネタと 「pbuilder BOF」のネタのリハーサルをかねて発表します。
    2. サーバをエッチにしてみました(担当:小室 文)
      Debian GNU/Linux 4.0 (Etch) がリリースされて一ヶ月がたち、リリースノートも日本語訳が完了した今日、 サーバをエッチにしてみた人も多いのではないでしょうか。 apache / exim / bind が稼働しているサーバをエッチにしてみた体験を告白します。
    3. Debian Etch についてディスカッション
      皆さんの Debian Etch の印象・体験・良かったこと・困ったことなどなど。 色々とディスカッションしてみましょう。
    参加方法と注意事項
    参加希望者は事前登録の上、事前課題の解答を勉強会用メーリングリストに送付してください。 期限は 5 月 17 日中です。
    事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい

    この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

    2007/05/09 01:18 リンク

    2007年05月07日

    「Debian GNU/Linux クイックインストール解説」の Etch 編を公開

    Debian のインストールから基本デスクトップ環境の構成までの手順を簡潔にまとめた、 「Debian GNU/Linux クイックインストール解説」を、最新の Debian GNU/Linux 4.0 Etch に合わせて改訂いたしました。

    Etch ではインストーラや各パッケージの改良により、デスクトップ環境の構築はますます簡単になっています。本ガイドを見ながら、あなたのマシンに Debian をインストールしてみませんか。

    2007/05/07 16:02 リンク

    2007年05月01日

    Debian GNU/Linux 4.0 のリリースノートの日本語訳が完成

    先ごろリリースされた Debian GNU/Linux 4.0 コードネーム“Etch”の更新点を記した、Debian GNU/Linux 4.0 リリースノートの日本語訳が完成し、公開の運びとなりました。

    本リリースノートには、Debian GNU/Linux 4.0 で追加・変更されたさまざまな機能説明を各アーキテクチャごとに掲載しているほか、前リリース (Debian GNU/Linux 3.1 コードネーム“Sarge”) からのアップグレードを行うユーザーのための手順と注意も記述されています。いくつかの重要なパッケージに大幅な変更があるため、前リリースからのアップグレードを行う場合には、必ずこのリリースノートに目を通してください (例: i386amd64)。

    新規インストールの方法については、Debian GNU/Linux 4.0 インストールガイドも参照してください。

    今回のリリースノートの翻訳にあたっては、多数の翻訳者・査読者が力を合わせました。この場を借りて感謝いたします。

    2007/05/01 10:52 リンク

    2007年04月15日

    第27回 Debian 勉強会のお知らせ

    関西方面でも活発に動きがあるようですが、東京でも 「Debian 勉強会」 が開かれます。 ちなみに Debian 勉強会とは月に一回、顔をつき合わせて Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc) について話し合う会です。

    今回は特にパッチ管理と SCM (Software Configuration Management System、ソフトウェア構成管理システム) を中心にした話を聞くことができます。Debian に限らず開発ツールに興味がある人にオススメです。

    参加者には開発の最前線にいる Debian の公式開発者や開発者予備軍の方も居ますので、 普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。
    興味を持たれた方は是非御参加下さい(また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

    開催日時・会場
    • 日時:2007年4月21日(土) 18:00-21:00
    • 会場:あんさんぶる荻窪 (JR荻窪駅すぐ近く)
    • 費用:資料代・会場費として 500 円を予定
    内容
    1. パッチ管理ツール quilt の使い方(担当:小林儀匡)
      quilt というパッチ管理ツールの紹介をします。 Debian パッケージメンテナは、開発元のソースコードに問題修正用のパッチをいくつも当てたり、 新しいソースコードが出たときにパッチを取捨選択し当て直したりしなければなりません。 このような作業はパッチ管理ツールなしでは不可能な芸当です。
      今回紹介するのは Linux Kernel などで活用されている quilt です。 quilt は Debian パッケージメンテナンス専用のツールというわけではなく、 パッチ管理を必要とする人なら誰にでもお勧めできるツールです。
    2. darcs を使ってみよう(担当:David Smith)
      分散 SCMのツールがたくさんありすぎて何つかったらよいのかわからない方、そんなあなたに朗報です。
      darcs の素晴らしさについて、 そして darcs をつかって Debian パッケージをメンテナンスする方法について伝授します。
    3. git で Debian パッケージ(担当:上川純一)
      Linux kernel のソースコードを管理している分散SCMツールとして有名な git。 その git を普段利用している上川が Debian パッケージを git で管理する際の実際についてお伝えします。
    参加方法と注意事項
    参加希望者は事前登録の上、事前課題の解答を勉強会用メーリングリストに送付してください。 期限は 4 月 19 日中です。
    事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい

    この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

    2007/04/15 01:02 リンク

    第32回 Debian 勉強会のお知らせ

    Debian 勉強会は、メールや web だけでは語り切れない Debian に関わる話題について浅いところから深いところまであらゆることを Face to Face で 情報交換するイベントです。

    参加者は関東近郊を中心とした国籍・性別不問の Debian ユーザ/ユーザ予備群で、 開発の最前線にいるDebian の公式開発者や開発者予備軍の方も居ます。
    普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。是非御参加下さい。
    (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)

    今月はいつもの会場とは場所を移して新宿近郊の国立オリンピック記念青少年総合センターでの開催です。
    内容は Debian のデフォルトメールサーバであるのにも関わらず不遇な扱いを受けている Exim について、 再度見直しをしてみようというお題を中心に apt-get 以外にもある「apt-xxx」の紹介などを行います。

    開催日時・会場
    内容
    1. あまり知られていないかもしれない apt-xxx(担当:岩松 信洋)
      apt は Debian ユーザーにとってなくてはならない存在。
      しかし、あなたは apt-get だけで満足していませんか?普段は日の目を見ないapt-xxxを紹介します。
    2. Exim 再発見(担当:小室 文)
      MTA の一つ、Exim は Debian の Default MTA と呼ばれながらも、今や Postfix の人気にすっかり影を潜めてしまいました。しかし Default MTA と呼ばれたのには何か理由があるはず……。
      Exim の歴史、利点・不利点、導入方法等についてご紹介します。
    3. ディスカッション(担当:岩松 信洋)
      事前課題でいただいた資料をベースに参加者でディスカッションします。
    参加方法と注意事項
    参加希望者は事前登録の上、事前課題の解答を勉強会用メーリングリストに送付してください。 期限は 9 月 13 日 (木) 中です。
    事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい

    この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者代理:岩松 信洋 (iwamatsu@debian.or.jp ) までお願いいたします。

    2007/04/15 01:02 リンク

    2007年04月10日

    第2回 関西 Debian 勉強会のお知らせ

    前回に引き続き、関西方面でも勉強会を!という声に応えるのと、Debian GNU/Linux 4.0 ("Etch")のリリースを記念して、 「第2回 関西 Debian 勉強会」 が開かれることになりました。関西 Debian 勉強会は、定期的に顔をつき合わせて、 Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組み、Debian 界隈で起こった出来事、などなど) について話し合っていく会です。

    参加者には開発の最前線に立つ Debian の公式開発者や開発者予備軍の方もおりますので、 普段は聞けないようなさまざまな情報を得るチャンスです。
    興味を持たれた方はぜひ御参加ください (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

    開催日時・会場
    内容
    1. etchリリース記念インストールとか たかや氏
      • http://goodbye-microsoft.com/ を使ってWindowsからインストール。
      • laptop向けの事 (cpufreqとかsuspend、sleep関係の事)
    2. Debian GNU/LinuxからのYouTube活用ノウハウ (マルチメディア関係の事)のがたじゅん氏
    3. 20分で作る Debian パッケージ 大浦氏
      一般的な Debian パッケージの作り方について
    4. プロジェクトトラッカーの話 矢吹氏
      • あることに費している時間を計測するには、どうしたらいいか。
      • 自分の作業時間を見積もるにはどうしたらいいか?
      • 記録を取って、基準を作ろう
    参加方法と注意事項
    参加希望者は事前登録の上、事前のまとめを作るための情報を送付してください。期限は 4 月 15 日 (日) です。
    事前登録、及び事前送付情報の内容と送付先については 第2回 関西 Debian 勉強会 のページを参照してください。

    この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会主催者:矢吹幸治 (yabuki@{debian.or.jp,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

    2007/04/10 00:44 リンク

    2007年04月03日

    Paypal によるドネーション (寄付) 受け付けを始めました

    Debian JP Project では Paypal による寄付の受け付け を開始しました。これにより、クレジットカードや PayPal 口座からの寄付が可能になりました。

    Paypal は少額からでも送金可能・振込手数料が不要となっております 。 Debian へ何らかの支援を行ってはみたいが、 なかなか開発・翻訳・その他ユーザへのサポート活動などは難しいな…などという方々、 一度ご利用を検討ください (ただし、金額が少額過ぎる場合は受取時の手数料でほとんど相殺されてしまいますので、 その点はご勘案願います)。

    なお、皆さんから頂いた寄付については以下のような用途に利用されます。

    • パッケージリポジトリ・Web サイト・メーリングリストサーバなどのサービスを提供する *.debian.or.jp サーバ群の増強・維持・運用
    • debian.or.jp ドメインの維持
    • 日本における Debian 商標の維持
    • その他 Debian の開発・発展・普及に寄与すると思われる活動

    また、Debian JP Project では Paypal に限らず寄付・スポンサーは随時募集しております。 詳細については支援/スポンサーのページ をご覧ください。

    2007/04/03 00:02 リンク

    2007年04月01日

    役員改選および新体制スタートのお知らせ

    Debian JP Project では、会員の投票により会長・監事選挙を行い、 2007 年度の新役員を決定いたしました。

    投票の結果および新会長による選任に基づき、以下のような体制で 2007 年度 の運営を 4月 1日より行なっていくことをお知らせいたします。

    • 会長   上川 純一 (再選)
    • 副会長  岩松 信洋 (再選)
    • 事務局長 武藤 健志 (再選)
    • 監事   山根 秀樹 (新)

    会長選挙・監事選挙の結果については、 役員改選2007/会長選挙および 役員改選2007/監事選挙 を参照してください。

    現役員は活動・会計報告を済ませた後、新役員で構成される理事会に運営を 引き継ぎます。

    Debian JP のメンバーと力を合わせ、日本における Debian、ならびにフリー ソフトウェアの発展と普及に力を尽くす所存です。Debian に共感される諸氏 のご協力とご支援を今後ともよろしくお願いいたします。

    新旧理事会へのご提案等やご連絡は board@debian.or.jp までお送りください。

    2007/04/01 19:02 リンク

    2007年03月14日

    ftp2.jp.debian.org にダウンローダ制限をかけています

    Debian JP Project がサービスしているミラーホストの 1 つである、ftp2.jp.debian.org (別名 plat.debian.or.jp, ftp.debian.or.jp。および cdn.debian.or.jp の候補の 1 つ) が複数起動型のダウンローダによって DoS (サービス拒否攻撃) に似た異常なアクセスを受けたため、当該ホストでは wget といくつかの複数起動型ダウンローダを排除するように設定いたしました。これらのダウンローダでパッケージを取得しようとすると、エラー 403 が返されます。

    通常の APT コマンドはこの影響を受けません。固有の Debian ミラーを構築するためにダウンローダを使われていた方は、ミラー構築に適した rsync を利用することを推奨します (CDN 対応ミラーの設定ガイドの前半の記述を参照してください)。

    2007/03/14 18:02 リンク

    2007年03月12日

    第1回 関西 Debian 勉強会のお知らせ

    東京に引き続き、関西方面でも勉強会を!という声によって 「関西 Debian 勉強会」 が開かれることになりました。関西 Debian 勉強会では、定期的に顔をつき合わせて、 Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組み、Debian 界隈で起こった出来事、などなど) について話し合っていく予定です。

    参加者には開発の最前線に立つ Debian の公式開発者や開発者予備軍の方もおりますので、 普段は聞けないようなさまざまな情報を得るチャンスです。
    興味を持たれた方はぜひ御参加ください (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

    開催日時・会場
    内容
    1. 関西 Debian 勉強会 について
      関西で Debian 勉強会を開催するにあたってのご挨拶と今後に向けての説明です。
    2. 参加者の自己紹介 (それぞれ)
      初めての機会ですので、参加者の自己紹介、勉強会に参加した動機、Unix (Linux) の経験、 どんな風にDebianを使っているかなど情報交換をしましょう。
    3. 関西 Debian 勉強会で学びたいこと、関西 Debian 勉強会に対してできること。(司会:矢吹)
      今後の勉強会で何をしていこうか、という話を皆で交換し合いましょう (話をまとめるために、なるべく事前にメールでお送りください)。
    4. yc-el について
      Emacs から canna を使って日本語を入力を行うパッケージである yc-el をメンテナンスしています。 前担当者からこのパッケージを引き継ぐ際、再パッケージを行って得た経験をお話します。
    5. Debian Develper と key sign (希望者)
      Debian Project のメンテナになるためには、Debian Developer との GPG キーサインが必須になります。キーサインを望む方は以下をご用意ください。
      • 公的証明書 (運転免許証・パスポートなど)
      • GPG 鍵作成時に指定したメールアドレス・名前・鍵の指紋 (fingerprint) を書いた用紙 (参加人数分)
    参加方法と注意事項
    参加希望者は事前登録の上、事前のまとめを作るための情報を送付してください。期限は 3 月 25 日 (日) です。
    事前登録、及び事前送付情報の内容と送付先については 関西 Debian 勉強会のページ を参照してください。

    この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会主催者:矢吹幸治 (yabuki@{debian.or.jp,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

    2007/03/12 01:02 リンク

    2007年03月08日

    CDN ミラーの構築方法の紹介

    以前にご紹介した CDN ミラーサーバの強化にあたり、ディスクとネットワークに余裕のあるサイトで CDN に対応した Debian のミラーを構築するためのガイド (http://www.debian.or.jp/community/push-mirror.html)を作成いたしました。

    システム管理チームでは、CDN 対応ミラーサーバを随時募集しています。また、既存の pull 型ミラーサイトを push ミラー化することも推奨しております。

    2007/03/08 14:02 リンク

    2007年03月06日

    第26回 Debian 勉強会 in オープンソースカンファレンス 2007 Tokyo/Spring

    「Debian 勉強会」 は月に一回、顔をつき合わせて Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc) について話し合う会です。今月は オープンソースカンファレンス 2007 Tokyo/Spring にお邪魔して、 仮想化友の会 との合同セミナーやブースでの展示と説明などを予定しています。

    参加者には Debian ユーザのみならず、開発の最前線に立つ Debian の公式開発者や開発者予備軍の方もおりますので、普段は聞けないようなさまざまな情報を得るチャンスです。
    興味を持たれた方は気軽にご参加ください (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

    開催日時・会場
    • 日時:2007年3月17日(土)
      合同セミナーは 10:00-10:45、11:00-11:45
      ミニセミナーは随時開催予定 (ブースは10:00-16:00)
    • 会場:日本電子専門学校 7号館 (JR大久保駅徒歩2分)
    • 費用:セミナーは無料
         その他有志による物品の販売を予定
    合同セミナー(B2F-B)
    1. 仮想化友の会、Debian 勉強会の紹介
      ご来場の皆様へ仮想化友の会、Debian 勉強会それぞれの概要などを説明します。
    2. 事前課題紹介
      「仮想化をこういう利用方法で活用しています」という実例を紹介します。 テスト環境として以外の様々な利用方法が紹介される…かもしれません。
    3. 仮想化常識 Quiz
      猫も杓子も仮想化と言っている現状ですが、本当に仮想化を正しく理解していますか? 確認のための仮想化常識クイズです。
    4. Windows での仮想化技術紹介
      「Windows から Debian を利用するには?」ー Windows で利用できる仮想化ソフトウェアの紹介他をさらっとします。
    5. Debian の仮想化技術紹介
      kernel 2.6.20 で正式に採用された仮想化技術、KVM を中心に Debian での仮想化技術利用を説明します。
    ブース展示・配布物 (7F-A)
    1. Debian 関連書籍
    2. 有志作成 Debian グッズ (Tシャツ・ステッカー)
    3. Debian 勉強会資料
    4. チラシ・CD
    5. Debian 稼働マシン
    ミニセミナー (7F-A)
    1. Debian 質問箱 ー 会場その他で集めた Debian に関するあれこれに回答します
    2. その他未定
    参加方法と注意事項
    セミナー参加希望者は事前登録してください。
    ブース展示・ミニセミナーその他については特に登録などはありません。

    この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

    2007/03/06 23:55 リンク

    2007年02月24日

    cdn.debian.or.jp 試験運用開始

    Debian JP Project は、利用者の利便性を考慮した Debian ミラーサーバとして cdn.debian.or.jp の試験運用を開始しました。

    cdn.debian.or.jp は複数の Debian ミラーサーバを用いた DNS ラウンドロビン(+サーバによる重み付け) を行っており、特定ミラーサーバの障害影響を回避することが可能です (また、単なる DNS ラウンドロビンとは異なり、対象となっているサーバが障害で停止している場合は 死活監視による自動切り離しを実施し、利用者からは特に何も意識することなく利用できるようにしてあります)。

    利用したい方は、/etc/apt/sources.list のサーバ指定を ftp.jp.debian.org などから以下のように変更ください (stable の部分は目的にあわせて testing/unstable などに適宜置き換えてください)。

    deb http://cdn.debian.or.jp/debian/ stable main contrib non-free

    利用された方は、ぜひフィードバックをメーリングリストシステム管理チームまでお寄せください。

    2007/02/24 16:02 リンク

    2007年02月18日

    Debian GNU/Linux 3.1r5 がリリース

    現行の Debian GNU/Linux 安定版であるバージョン 3.1、コードネーム Sarge の 5 回目のマイナーアップデートとなる 3.1r5 が、Debian Project からリリースされました。

    本アップデートは、Debian GNU/Linux 3.1 の機能向上ではなく、既存パッケージのセキュリティおよび深刻な問題の更新を目的としたものです。アップデートは公式ミラーに反映され、通常の更新手順であなたのマシンを最新のものに追従させることができます。

    CD および DVD イメージは現在作成中です。作成後、各ミラーから取得できるようになる予定です。

    更新された内容の詳細については、3.1r5 の準備のページ内容を参照してください。

    2007/02/18 22:34 リンク

    2007年02月15日

    Debian on PS3 / Windows 版 Debian インストーラ起動ツール / Debian GNU/kFreeBSD

    ちょっと変わった Debian の話を3つほど。

    Debian on PS3

    さまざまなアーキテクチャで動作する Debian ですが、当然のように最近話題の PLAYSTATION 3 でも動作します。

    Debian 開発者の八重樫さんの blog では、テレビ録画用ソフト MythTV を PS3 上で動かしている様子もあります。 試してみたい方は Live CD で動かしてみるのが良いのではないでしょうか?

    Windows 版 Debian インストーラ起動ツール

    次は、インストール前の準備が少し楽になるかもしれない話です。

    Debian 開発者の一人、Robert Millan さんが Windows 版の Debian インストーラ起動ツールを 作成しました。これは何かというと、 HDD の空き領域があれば Windows から Debian のインストーラを起動して Debian がインストールできるという優れものです。 スクリーンショットがあるのでどんな感じかを見てください。

    残念ながら、Windows Vista では Windows 側の仕様が変わったために正しく動作しないそうなので、 この点は注意です。

    Debian GNU/kFreeBSD

    そしてもうひとつ。Debian が「ユニバーサルOS」と名乗っているのは伊達じゃないぞ、という話。

    カーネル部分を Linux ではなく FreeBSD を使った Debian 「Debian GNU/kFreeBSD」の開発が進んでいるぞ、という 開発チームからのメッセージが投稿されていました。 Etch の次のリリース(コードネーム:Lenny)あたりでのリリースを目指して作業中らしいので、 興味のある方、ちょっと変わった Debian を試してみたい方は使ってみて感想をフィードバックしてあげてください。

    2007/02/15 04:02 リンク

    第25回 Debian 勉強会のお知らせ

    さて今月も 「Debian 勉強会」 が開かれます。 Debian 勉強会は月に一回、顔をつき合わせて Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc) について話し合う会です。

    参加者には開発の最前線にいる Debian の公式開発者や開発者予備軍の方も居ますので、 普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。
    興味を持たれた方は是非御参加下さい(また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

    開催日時・会場
    • 日時:2007年2月17日(土) 18:00-21:00
    • 会場:あんさんぶる荻窪 (JR荻窪駅すぐ近く)
    • 費用:資料代・会場費として 500 円を予定
    内容
    1. パッチ管理ツール quilt の使い方
      パッケージ作成時にパッチを管理するのに使われるツール quilt の使い方を説明します。 今回の勉強会はパッチ管理特集なので、パッチ管理の基本から話す予定です。
    2. dbs について
      パッチを管理するのに使われるツール dbs の使い方について説明をします。
    3. svn-buildpackage などとともに dpatch を使う
      Debian パッケージ作成の際に独自パッチの管理ツールとして良く使われる dpatch。 以前にも紹介しましたが、今回は特に orig.tar.gz と debian/ ディレクトリだけで 構成されるソースパッケージのバージョン管理の方法に的を絞って説明します。
    4. Open Source Conference 2007 Tokyo/Spring 参加に向けた準備をしよう
      来月3月に開かれるオープンソースカンファレンス 2007 Tokyo/Spring に Debian 勉強会として参加予定です。その準備に付いて皆で意見交換などできればと思っています
    参加方法と注意事項
    参加希望者は事前登録の上、事前課題の解答を勉強会用メーリングリストに送付してください。 期限は 2 月 15 日中です。
    事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい

    この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

    2007/02/15 02:20 リンク

    2007年01月14日

    第24回 Debian 勉強会のお知らせ

    みなさんは毎月 Debian の勉強会が開かれているのを御存じでしょうか?
    「Debian 勉強会」 は月に一回、顔をつき合わせて Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc) について話し合う会です。

    参加者には開発の最前線にいる Debian の公式開発者や開発者予備軍の方も居ますので、 普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。
    興味を持たれた方は是非御参加下さい(また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

    開催日時・会場
    • 日時:2007年1月20日(土) 18:00-21:00
    • 会場:あんさんぶる荻窪 (JR荻窪駅すぐ近く)
    • 費用:資料代・会場費として 500 円を予定
    内容
    1. 2007年の Debian 勉強会を計画する!
      この勉強会の事前課題の内容や、過去の事例、昨今の世界情勢 :-) などを踏まえ、 年始に相応しく今年の Debian 勉強会の内容を参加者の方々と考えていきます。
    2. apt-torrent について語ってみる
      p2p アプリケーション bittorrent を利用する apt の配布方法、apt-torrent を触ってみた報告です。
    3. kvm について語ってみる
      今旬の技術「仮想化」。ここでは仮想化エンジン「KVM」をちょっとさわってみた、という報告をします。
    4. Debian Conference 参加について考えてみる
      Debian 関係者が年に1度世界中から集まるカンファレンス、Debian Conference。 今年は6月にイギリスのエディンバラで開かれますが、参加にむけての情報交換(と参加を 迷っている方への後押し)を行います。
    参加方法と注意事項
    参加希望者は事前登録の上、事前課題の解答を勉強会用メーリングリストに送付してください。
    事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい

    この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

    2007/01/14 18:06 リンク

    2007年01月06日

    Debconf 7 のスポンサード登録および CFP の締切迫る

    2007年6月17日〜6月23日にかけてスコットランドのエディンバラで開催される、Debian Project の大規模な会議 Debconf 7 のスポンサード参加事前登録 (宿泊・食事・旅費等の支援) および CFP (発表論文応募) が1月31日で締め切られます。参加を検討している方はお早めに登録・応募を行ってください。 [詳細]

    2007/01/06 12:02 リンク

    Debian JP Project の公式 Web ページをリニューアル

    Debian JP Project の公式 Web ページ (http://www.debian.or.jp/) のデザインを一新し、情報の検索容易性と、管理の向上を図りました。Debian JP Project は、今後とも、日本国内における Debian に関する情報の交換と発表の場を提供し続けます。

    Debian JP Project の Web ページに関するご感想・ご質問は webadmin@debian.or.jp までお送りください。

    2007/01/06 00:02 リンク


    過去のニュース