Debian JP Project

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 www.debian.or.jp 検索

« オープンソースカンファレンス 2009 Tokyo/Fall (10/31) に東京エリアDebian勉強会出展 | 一覧 | 開発ニュース寄せ集め (第 12 号) »

2009年11月05日

第 29 回 関西 Debian 勉強会 in 関西オープンソース2009

関西Debian勉強会は、関西エリアでDebian GNU/Linuxのさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian特有の機能や仕組み、Debian 界隈で起こった出来 事などなど)について話し合う勉強会です。

今月11月は大阪南港ATCにて開催される、関西オープンソース2009に関西 にて、セミナーやブースでの展示と説明などしておりますので、お時間がある方はぜひお越しください。

最新情報については Debian Wiki のページ を参照して下さい。

開催日時・会場
  • 日時:2007年11月6日(金)、11月7日(土)
  • 会場:大阪南港ATC (行き方はこちら)
    (大阪市交通局 ニュートラム 南港ポートタウン線 トレードセンター前駅より徒歩5分)
  • 主催:関西オープンフォーラム
  • 費用:セミナー/ステージ企画は無料。その他有志による物品の販売を予定
セミナー
「第 29 回 関西 Debian 勉強会 in 関西オープンソース2009」

(会場:9F-セミナールーム2 11月7日(土) 15:00-15:50 担当:Yukiharu YABUKI(Debian Project/キイレジャパン株式会社))
様々な OSS 開発者に向けて、Debian Project の魅力を語ります。その他、7 月に台湾で開催された mini-Debconf のレポートや、簡単に勉強会の紹介など。
ステージ企画
「Debian開発者への歩み」
(展示会場内特設ステージ 11月7日(土) 17:45-18:00 担当:Yukiharu YABUKI(Debian Project/キイレジャパン株式会社))
インターネットを拠点として、自由なOSを作るために集まった Debian Projectのメンバーとなるべく出演者が経験したこと、Debian開発者になるのだという動機を語ります。
ブース展示・配布物・販売物
  1. Debian 稼働マシン
  2. Debian 同人誌「あんどきゅめんてっどでびあん」
  3. フライヤー・Debian "Lenny" Live DVD
  4. 有志作成 Debian グッズ(Tシャツ・特製ステッカー)
GPG鍵の交換 (キーサイン) をしませんか

GPG鍵の生成に使われるSHA-1アルゴリズムについて、衝突耐性に対する脆弱性 が指摘されています。そのため強度のある新しい GPG 鍵が必要になりました。 関西オープンソース2009に参加するみんなで、新しく作ったGPG鍵の交換をして、 信頼の輪 (Web of Trust) を広げませんか。

GPG 鍵を交換するのに必要な準備 をご確認の上、ブースまでお越しください。
事前準備
  • 事前に 4096bit/RSA での GnuPG 鍵の生成(debian-users メーリングリストに流れた以前の案内を参考に)
  • 上記で生成したGnuPG 鍵のキーフィンガープリントの印刷物(gpg --fingerprint <あなたの鍵ID> で確認できます。手書きもできますが、多数の人と交換する場合はかなり煩雑です)
  • 身分を証明できる公的証明書の準備(パスポート、運転免許証など。特に日本語が読めない人と交換を行う場合はパスポートが必須)
  • 作成した鍵の公開鍵をキーサーバ (pgp.nic.ad.jp および pgp.mit.edu) にアップロード

当日鍵交換の手順

  1. 鍵IDとキーフィンガープリントを印刷したものを交換し会う
  2. 相手の身分証明書が有効 (本人であるか・有効期限など) なものか、確認する。
  3. 互いの身分証明書を見せる
  4. 問題なければOKです(証明書や印刷物に不備がある場合は交換を中止してください)

この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会担当:のがたじゅん (nogajun@{debian.or.jp} ) までお願いいたします。

2009/11/05 22:47 リンク


過去のニュース