Debian JP Project

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 www.debian.or.jp 検索

« 第27回 Debian 勉強会のお知らせ | 一覧 | 第110回 東京エリア Debian 勉強会 in オープンソースカンファレンス 2014 Tokyo/Spring »

2019年05月05日

第39回 Debian 勉強会のお知らせ

4 月も Debian 勉強会が開かれます! 今回はいつもの会場にもどっての開催です。

Debian 勉強会とは、Debian の開発者になれることをひそかに夢見るユーザたちと、 ある時にはそれを優しく手助けをし、またある時には厳しく叱咤激励する Debian 開発者らが Face to Face で Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組について、Debian 界隈で起こった出来事、etc) について語り合うイベントです。

参加される方は主に東京を中心に関東近郊の国籍・性別不問の Debian ユーザです (Debian をまだ使ったことが無いが興味があるので…とか、かなり遠い所から来てくださる方もいます)。 開発の最前線にいるDebian の公式開発者や開発者予備軍の方も居ますので、 普段は聞けないような様々な情報を得るチャンスです。 お時間が合えば是非御参加下さい。 (また、勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)。

開催日時・会場
  • 日時:2008年4月19日(土) 18:00-21:00
  • 費用:資料代・会場費として 500 円
  • 会場:あんさんぶる荻窪 (JR荻窪駅すぐ近く)
内容
  1. バイナリ一つのパッケージを作成してみる(担当:吉田俊輔)
    実例を通してバイナリパッケージ一つを生成するDebianのソースパッ ケージの作成をご紹介します。このセッションを聞けば基本的な Debian パッケージの作り方がわかるはず。このセッションを通して、 Debian Developerへの最初の一歩をふみだしましょう。
  2. バージョン管理ツールを使いDebianパッケージを管理する(git)、アップストリームの扱い(svn/git/cvs) (担当:岩松信洋)
    バージョン管理ツール Git を使ってDebianパッケージを管理する方法 について紹介します。また、アップストリームでもVCSを利用している 場合がありますが、Git以外を利用している場合があります、その場合 にどうやってアップストリームのコードを扱うのが便利なのか、小技 を紹介します。
参加方法と注意事項
参加希望者は事前登録の上、事前課題の回答を勉強会用メーリングリストに送付してください。 期限は 4 月 17 日中です。
事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ を参照下さい。

この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会主催者:上川純一 (dancer@{debian.org,netfort.gr.jp} ) までお願いいたします。

2019/05/05 20:02 リンク


過去のニュース