Debian JP Project

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 www.debian.or.jp 検索

« 第68回 関西 Debian 勉強会のお知らせ | 一覧 | オープンソースカンファレンス 2013 Hamamatsu ブース出展のお知らせ »

2013年01月31日

第1回Debianパッケージング道場 のお知らせ

Debian パッケージの作り方を教える道場です。以下のような方を想定しています。

  1. あのソフトウェアがDebianパッケージになっていないので、パッケージにしてみたい。
  2. 普段使っているDebianパッケージに修正を加えて、利用したい。
  3. メンテナンスしているDebianパッケージを更新してみる。
  4. モダンなDebianパッケージの作成方法とか知りたい。
  5. etc...

丸一日、Debian漬けでDebianパッケージを作ってみましょう。
Debian Developer と Debian Maintainer が、パッケージの作成をサポートします。

開催日時・会場・事前登録等
道場へ参加する前に必要な事前準備について
  1. パソコンを使うので、各自パソコンを持ってきてください。
  2. 使うパソコンで無線LAN、有線LAN が動作する環境を整えてください。
  3. 使うパソコンで Debian / unstable が動作する環境を整えてください(VirtualBox 等の仮想環境で大丈夫です)。
  4. Debian / unstable に 最低限のビルド環境を構築してください。
    sudo apt-get install build-essential debhelper devscripts cowdancer pbuilder
  5. パッケージにしたいソフトウェアを見つけておいてください。
    こちらではパッケージング方法について教えることはできますが、ネタは提供できません。
  6. Debian 新メンテナーガイドDebian 開発者リファレンスに目を通しておいてください。
会場について
  • 建物内には喫煙所はなく、喫煙所は建物外の離れた場所になります。喫煙される方はなるべく受付前や昼食時にお済ませください。
当日の流れ
  1. 簡単な挨拶など。
  2. 基本的なパッケージの作成方法を説明。
  3. 最新のパッケージング事情の説明と使い方を説明。
  4. パッケージ作成作業開始
    • 参加者は何かパッケージにしたいものを持ってきて、それをパッケージ化する(こちらから提供はしません)
    • 参加者は弄りたいまたは修正したい既存のパッケージを見つけてくる。そしてそれをいじる。
    • 保守担当者のいないパッケージ、パッケージ化して欲しいソフトウェア一覧から気になるソフトウェアを探してみるのもいいでしょう(要するにパッケージするテーマを持って参加してみましょうということです)。
    • わからないところがあったら、遠慮無くその辺にいるDebian Developerを捕まえて聞いてください。
    • Debian Developer はメンターになってパッケージをDebianにインストールするまで面倒をみる(このへんが道場っぽいはず)。
    • できれば参加者はGPGキーサインをする。
      GPG 鍵、公的な身分証明書(パスポート、運転免許証等。可能であれば複数)を持ってきてください。
  5. 作業内容発表
    できたパッケージ、作業内容を発表

その他Debianのバグ修正をしたい人やもくもくと開発したい人も歓迎します。こんなことやりたい!、こんなこと教えて! とかいろいろ登録ページのコメントに書いてください。

本件に関するお問い合わせは主催者: 佐々木 洋平(uwabami at {debian.or.jp})、倉敷 悟(lurdan at {debian.or.jp})、岩松信洋(iwamatsu at {debian.or.jp}) までお願い致します。

2013/01/31 08:17 リンク


過去のニュース