Debian JP Project

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 www.debian.or.jp 検索

« 第 112 回 東京エリア Debian 勉強会のお知らせ | 一覧 | 第82回 Debian 勉強会 in オープンソースカンファレンス 2011 Tokyo/fall »

2019年05月05日

第48回 関西 Debian 勉強会のお知らせ

第48回 関西 Debian 勉強会」 のお知らせです。関西 Debian 勉強会は、関西方面の Debian ユーザ/ユーザ予備群/開発者らで Debian GNU/Linux のさまざまなトピックについて Face to Face で楽しく話し合っていく集まりです。

開催日時・会場・持ち物等
  • 日時: 2011 年 6 月 26 日 (日) 13:30 - 17:00
  • 会場:大阪 福島区民センター 302号会議室 (定員:45名)
  • 費用:500円 (部屋代、印刷代などの諸費用のため)
  • 事前課題:
    IPv6 編
    1. http://test-ipv6.jp/ で IPv6 接続性をテストしてください。 (出来れば複数の環境で)
    2. World IPv6 Day (以降) で何か影響がありましたか。教えてください (例: 特定のサイトへのアクセスが遅くなった、何度かリロードしないと表示されなくなった)
    Debian パッケージ編
    Debian パッケージを作成した事の無い人は Debian のソースパッケージの構成を復習しておいて下さい。
    過去の Debian 勉強会の資料や Debian JP Project にて公開されている資料がお勧めです。何か分からない点や感想等あれば、教えてください。
内容
  1. Intro
    この勉強会の簡単な説明をします。
  2. 「IPv6」 (担当:西山和広)
    APNICにおけるIPv4アドレス在庫が枯渇し、IPv6対応が進んできています。 そこでIPv4でしかインターネットに接続できる環境しかなくても、 追加の契約などをしなくても使えるトンネル接続の teredo や 6to4 を 試してみたので、その話をします。
  • 「vcs-buildpackage{svn, git 編}」 (担当: 佐々木洋平)
    Debian パッケージの作成にバージョン管理システム(VCS)を使うやり方について、svn-buildpackage と git-buildpackage を例に紹介します。これらは過去の Debian 勉強会でも紹介されてきましたが、Source format 3.0 になって work flow が多少変わっていたりするので、その紹介/How To もできたら良いかと思っています。
  • 参加方法と注意事項
    2011年 6 月 24 日 (金) 24:00 までに Debian勉強会予約管理システムを参照して、 事前登録をしてください。登録にはGoogleアカウントが必要になりますが、事情によりGoogleアカウントを使えない/登録できない方は担当者まで連絡してください (締切りに間に合わなかった方は、下記連絡先から担当者と連絡を取ってください。 懇親会 (予定) に参加する場合は、二次会参加の欄にチェックしてください)。

    この件に関するお問い合わせは 関西 Debian 勉強会 担当:倉敷悟 (lurdan@{debian.or.jp} ) までお願いいたします。

    2019/05/05 20:02 リンク


    過去のニュース